神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog


サイサイと歩くこと

No Comment2021.08.09 update

少し遅くなりましたが、8月1日「加西サイサイまつり」
に参加。
感染症拡大防止の観点から告知はせず。
でも開催していただけた事に感謝です。
ギター一本持って電車に飛び乗る(駆け込み乗車はしていません)
バスという選択肢もありましたが
電車、理由はこちら。

ライどーん!北条鉄道。
粟生〜北条町。
別に何かこれという景色があったわけでもないですが
車窓に流れる景色をひたすらに見ていました。
長、播磨下里、法華口あたり駅舎がとても可愛い。
もちろん写真はありません。(ひたすらに見てたから)

北条町駅から加西市役所(お祭り会場)まで
お散歩。

市役所の方にご挨拶して(駅からの徒歩に驚かれる)、リハ。
共演のくまごろう、こんそめぱんち木村を相手に無駄にボケて
飽きられてしまうギリギリのタイミングを見計らい離脱。
出番まで時間有りだったので街を散策(散歩)

昔ながらの

路地、生活する人たちの声、きっと水遊び
そして。。。

気球!!

気球!!!
こんなに近くで見たのは初めてだったので
一人わーわー言うてました。
ライブは素敵なホールで

1 ファンファーレ
2 点と点
3 タワー
4 あのね
5 踊るランドリー

市内限定で少しお客さんも来ていただいたり、配信もしていただいたり。
たくさんの方にお世話になりました。
改めてありがとうございました!

最後には花火まで。
今年も見れないだろうなと思ってたので
しっかり目に焼き付けました。

街を歩いて、唄を歌う
やりたい事であり、やるべき事
また伺いますね。

次回のライブは
8月12日@心斎橋歌う魚
8月14日@OCEAN PLACE KOBE

Comments (0)

hereいやhare

No Comment2021.07.31 update

猛暑の中を7月がするするとすり抜けていきます。
全てのものが熱を発して悲鳴を上げている様に思うけど
果たして自分が何事にも熱を持っているかといえば
どこか涼しげなところもあってちょっと嫌になったりもします。
もっと頑張れオレ。
夏したい!とかいうことではありません。笑

今日は「hare」
晴れにしようか、ハレにしようかちょっとだけ迷いましたが
一番新しい曲で、現在地かなという事もあって
「here」に空目してもらってもいいなと思い
「hare」になりました。
タイトル一つにしても色々あって面倒だなと思います。
この曲も最初にコード進行が出てきて
メロディが出てきてでしたが、最初思い浮かんだサビのメロディを越えて
今のメロディが出てきて、一人「わー」となったのを記憶してます。
ハナウタの時点で「晴れなんで」があったので
そのまま採用して歌詞を書き始めたら
普通に自分の事を書いてました。笑
何に悩み、何に迷っているか
上手く人に話せる様になれば
解決は近いかなと思います。
アレンジに関しては
ほぼ同じコードの繰り返しなんで
ichiくんが組み立ててくれた「ミュート」に近いのですが
「hare」はセッション感覚で組み上がっていきました。
一瞬の閃きを拾っていく感じ、「あっ、今の覚えといてー」
「今のかっこいい」が楽しかったですし
絶対的にライブでやるのが楽しい曲です。

明日は加西サイサイまつり
初めての場所、街はいつも楽しみです。

「hare」

カーテンゆらゆら
差し込む光が誘うので

今日の予定などに蓋をして
出かけるのです

晴れなんで 晴れなんで
それなんで?聞かないでね

ちょっとくらい
迷っている日も
僕にはある事
少しくらい話せるように
晴れなんで

「ちょっとくらい迷っていいよ」とか
「ゆっくりでいい」とか
「お気に召すままに…」
たまに聞こえる
まぼろし?

水面ゆらゆら
踊る光が楽しげで

ボクも笑って過ごせるように

晴れなんで

Comments (0)

58歳のランドマーク「タワー」

No Comment2021.07.28 update

西元町からゆっくり30分も歩けば(普通はそんなに歩かないか。。。)
諏訪山公園まで行けてスイスイっと20分くらい登れば
この街を見渡せる場所に着きます。
とてもコンパクトで小さな街。
そんな景色の中の小さな赤いポートタワーにいつも目を奪われます。
探してしまうという方が正しいかな。
「タワー」という歌は弾き語りを始めて間もない頃に作った歌ですが
同じ言葉で歌っていてもその中の景色は常に更新されているとても不思議な曲です。
自分の住む街を歌ったのもこの曲が最初の様な気もします。
いや絶対最初。
夢見gachiに入っている「タワー」はアルバムの導入部分の位置づけで
曲も一番だけしか入ってなかったので
「anone」にはフルで再録という形になっております。
曲の世界観もグッと広がって
ドローンでも飛ばしたかの様な仕上がりになっております
個人的には間奏のichi君からケンヤへのバトンタッチ的ソロが
最高で最強です。
何回聴いてもグッとくるポイント。
アウトロが長い事もとても重要。

9月も過ぎればポートタワーもリニューアル工事なんで
またこの街の景色も変わっていく
「タワー」の中の風景もこの曲を聴く人が思い浮かべる風景も
変わっていくんだろうなと思いながら
大事に歌っていきたいと思っている。

「タワー」

この街の好きな景色
赤いキリンと赤いタワー
この街の好きな景色
赤い鳥居が入口の商店街

高架下のアートカフェの
端の席から見る世界
いつも様に話す時間は
クランベリーの香り

忘れかけてた確かにあったんだ
笑い声計画を立ててた
坂道駆け上がってこの街のすべて
見渡して気づいたよ
好きなこと

この街の好きな景色
赤い橋から見るタワー
この街の好きな景色
君と並んで見る世界

忘れかけてた確かめ合っていた
笑い声正解を探してた
坂道駆け上がってこの街のすべて
見渡して気づいたよ
好きなこと

Comments (0)

ずっと「この街の夕暮れと僕の散歩道」

No Comment2021.07.26 update

ズッ友的に言うとズッ街道(ずっかいどう)です
すみません、大胆に行き過ぎました。

原点にして最高到達点といいますか
居場所と言いますか
「この街の夕暮れと僕の散歩道」
でした。
マリンピア神戸さかなの学校
「この街」シリーズや去年から関わらせてもらっているエアリーライブで見る
あの景色や空の綺麗さは
いくら説明してもうまくは伝えられない
一緒に体験してもらわないと共有できない
だからこそやり続けてきたし、またやってみたいと思うんだろうな。
暑いのも寒いのも、やだけど。笑

そんな中、たくさんの人が時間を作って聴いてくれていました。
もえ子の音楽も近石涼の音楽もこの街にピッタリで嬉しく思いました。
神戸VARIT.さかなの学校。
夕暮れに駆けつけてくれたシネマアイ
全部、本当にありがとうございました。

亀の背中に乗せていただくの図
さかなの学校にはまたゆっくり行くことにします。

昨日から10月15日(金)心斎橋BIGCATの手売りも始まりました。
あと81日です。
過ぎていく時間に気を取られすぎるのもよくないので
あの場所でやりたいこと、みんなに楽しんでもらえる様なことを
イメージしつつ大事に過ごしたいと思います。
けどたくさん来てもらいたい事には変わりないので
皆様のお力添えもよろしくお願いします。

Comments (0)

ススメのすすめのすすめ

No Comment2021.07.22 update

ぐいぐい進んで行きたくなる道を探したりしている。
リリースから少し経ち、ありがたい事に地元のラジオから「anone」の曲たちが聞こえてきたりして
応援してくれている方々の存在に力をもらってます。
ありがとうございます、いろんな街に届けばなお良しなので引き続きよろしくお願いします。

という事で「ススメのすすめ」について

コードも二つくらいでシンプルなものが作りたいのです!
からスタートした曲
最初はサビみたいな概念もなくAとBを繰り返すみたいな
感じで、そこからメロディを付け加えてサビっぽくし
Cメロみたいなモノを作り今の形に。
最終レコーディング中にichiくんに
「変な感じにして欲しい」と伝えて
あのふわふわした感じになってます。
シンプルどこいってん?ですが
現場でパッとやっちゃうichiくんの凄さは
ちゃんとお伝えしたい。
キヨシのドラムやカッキーのベース、僕の声にも印象的なエフェクトがかかっていて
全体的に不安定な感じになっています
不安定な中を突っ切る様な歌が目標でしたが
できてるかどうかはわかんない。
でもそれなりのイメージはしっかり持っていることだけはお伝えしたい。
印象は聴いたそれぞれでいいんですけど。
いろんな街の「二階建ての高速道路」
浮かんだらいいなぁと思います。
一言で言うなら
「行け〜ッ!」です。「行けーッ!」ではなく
「行け〜ッ!」です。

今週の日曜日は久しぶりの「この街の夕暮れと僕の散歩道」
この街シリーズ。こちらも楽しみ。

「ススメのすすめ」

踏み出すときは決まってヒダリ
変なルールと君が
愛おしくなるのは少し先の未来

逃げて行く退屈に
「またね」と手を振って
ここからは内緒でもいい

想いは
二階建ての高速道路くぐって
突堤までは一本道ねなんて
高鳴なる胸の音 汽笛で隠して
水平線まで平行線で

振り返る道は曲がりくねっても
見つめる先は
いつも真っ直ぐだったこと

僕らは
二階建ての高速道路くぐって
突堤までの1本道でフタリして
高鳴る胸の音 汽笛で煽って
水平線まで一直線で

淡々と変わっていく
空みたいに

Comments (0)

anoneとかあのねとかあの音とか

1 Comment2021.07.14 update

 

ブログの書き出しって、どんな感じでしたっけ?
まぁいいか。。。
17日に配信開始の
「anone」は個別にもダウンロードできるとはいえ
「あのね」と「ススメのすすめ」と「タワー」と「hare」の4曲入りです。
あまり曲について色々書く事もないのですが
この場は、こういう事のためにも存在してるよなと思い
果敢に挑戦してみようと思います。
あくまでも僕の見解的な事なんで
聴いて感じたことが全てです。
全部正解の世界です。
そして一番大事なことは、配信開始日までに全曲やり切るスタイルではありません。笑

今日は「あのね」について

「よし!レコーディングやー!!!」
と僕が拳を振り上げる時には(あっ、もう「あのね」の説明に入ってます)
いつも核というか芯みたいな曲のカケラがあったりします。
何曲作ろうがそれがなければレコーディングには至らない
夢見gachiの時は「ring」とかこの街〜の時は「踊るランドリー」とか
前作で言うと「青とwhite」とか
別の表題曲というわけでもなく「このカケラがあれば何とかなるんじゃないか?」です。
きっかけにして中心。
「あのね」はそれ。今年に入ってからできたと思うので割りに新しめです。
去年レコーディングできてたらこの曲は入ってなかった
去年準備し始めた時は、別の曲を中心に置いて全体を考えてたと思います。
KAKOMEとか雨上がるだった様な。。。
この曲の側はこんな感じ。

やっと中身、とはいえ中身は歌詞見てもらえたら何となく伝わると思いますが笑
配信やライブではちょっと触れたかとは思いますが
「近くに感じることができた」というのが一番大きいところかな。
なかなか会いに行けない、ライブもできない、できるだけ距離を置かなければならない
という中で僕が一番嬉しく思ったこと。
あの街の空気、あの人の空気。
それを近くに感じた瞬間が
「あのね」って話しかけられた様に感じに、「あの音」が聴こえた様に感じた
そう感じれたから僕はもう少し頑張れそう。

聴き終わった時にちょっとでもそうなったらいいなと思います。

「あのね」

チョコレートみたいな
ベンチに座って
色しか変わらない景色の中に

僕は今も上手に
溶けないまんまで

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのに
なんでだろう
僕はこの街に染まる
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
思い出して涙溢れそうになっている

ちょっとでもきれいな
空が見たくて

遠回り歩道橋の上で
待ってた

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのが
嬉しくて
涙溢れそうになっている
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
なんでだろう
こんなに近くに感じるのは

ねぇ 帰ろう
聴こえる?あの音

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのが
嬉しくて
涙溢れそうになっている
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
なんでだろう
こんなに近くに感じるよ

Comments (1)

  • vrock67より 

    セルフライナーノーツ嬉しいです◎
    デジタルCDは便利な反面、歌詞カードがないのが寂しいので、
    機会があれば神戸の景色に歌詞が入ったポストカードセットとかグッズで欲しいなぁと思いました。

結局は書かなくなるのでしょうか?書けなくなるのでしょうか?

1 Comment2021.07.11 update

4年ぶりに更新する様なことってなんですかね。。。?
宝くじ当たったとか、大学生になりますとかですかね?
なんですかね????
朝日ホールから一度も書いてないということは
あのライブで僕は燃え尽きたということでしょうか?
灰になったままこの4年、リリースしたり、ツアーをしたり、自粛をしたり
してたということでしょうか?
4年も前のモノを読み返すと
色々書いてるけど
みんなとまだ音楽はできているし
作品も作れているし、あの日スタッフしてくれていた、
ぴぃも素晴らしいバンドに入り音楽を続けている
まるで昨日のことの様、そう4年前なんて昨日と同じ
ということで連日の更新、それは無理な話。
とか何とか考えながら、ぺちぺちキーボードを叩いております。
2021年7月11日の今村です。

今、確実にわかる事といえば、この4年間書き続ける精神力も、4年分の事を書く精神力も、僕は持ち合わせてないという事ですね。
いやそういう事でもないですね。
書く書かないに関わらず、皆様と同じ様にわちゃわちゃした毎日を過ごしております。
7月17日に「anone」という4曲入りの作品を配信リリースすることになりました。
「青とWhite」が2018年12月なんで2年半くらいぶりですか?
このブログの4年に比べれば可愛いもんだなぁと思ってます。
そういう事ではないこともわかっております。
でも作品が可愛い事に変わりはありません。
日本語って面白いよね。

ドーン!今回の目印。
配信のみも、CDにしない事も初めてなんですが
ジャケットはしっかりありまして、でもタイトルもアーティスト名もなく
螺旋階段に螺旋階段を重ねたものです。いつもライブの撮影やアーティスト写真を撮ってくれている
ハヤシマコさん(以下マコさん)、が作ってくれました。
「青とWhite」もマコさんが撮ってくれました。
前回も今回も何か引き込まれるものがあります、まぁ螺旋はもちろんそうなんですが。
登っていくのか、降りていくのか、見上げるのか、見下ろすのか
どこまで続いて、どこに繋がっているのか?
自由に自分で決めるという事には、自分で決めなければならないというある種不自由なものがついてきますよね的に
色々膨らんで好きな一枚です。

次は中身を紹介してみようと思います。
次のライブは7月25日「この街の夕暮れと僕の散歩道」です。
終わった様で続いていた事、自分を表す様なタイトルになりました。
このブログもそんな感じでしょうか?
いやこれは明らかに僕の怠慢。
しかし今この瞬間僕にを物を書くという精神力が備わったかもしれないという可能性は
誰にも否定できないという事も僕は大事にしたい
したいよねー。

Comments (1)

  • vrock67より 

    4年ぶりの更新が明るい話題で良かったです。
    そしてこの4年間、音楽を続けてきてくださったことが何より嬉しいです。
    4年に比べたら発売までの1週間はきっとあっという間ですね◎楽しみにしています

ご来場ありがとうございました!

1 Comment2017.05.31 update

いつも遅くなってアレですけど
2017年5月28日@神戸朝日ホール
「この街の夕暮れと散歩道〜初めてのホールワンマン〜」
ご来場いただきありがとうございました!
来たくても来れない方もいらしたとのことで写真で振り返ろうー。
写真はおはなことおはなちゃん、当日気づけなかったことまでよくわかるから
写真って大切。
ライブレポで入ってくれてる奥ボウイにはハヤシマコさんがついて撮ってくれてたから
そちらも楽しみ!

3rdアルバム「この街の夕暮れと僕の散歩道」世界観そのままに再現していただいてる照明
音源、さらには歌詞まで確認していただいてのこの仕上がり。作品て感じの照明です。CDのブックレットと一緒!

今回はスペシャルなバンド編成、本当に特別だったなー。
僕がどうこうじゃないのよ、本当にみんなすごいミュージシャンなんだよー。
ってもう言わなくてもわかるか。
いつもとちょっとだけ違う、しっとりしたイクちゃん。
ワタナベフラワーのギターでKeensのギターボーカル。
この時点ですごい、もうツインボーカル。
あーそっちで来るんやー、というのが一番多くて、尚且つそれがピタッとハマる人。
ロック。

キヨシ。なんでかわからんけど、キヨシをもっと色んなところに連れて行きたいと昔から勝手に思っている。ドラム叩いてる姿を見るたびにニヤッとそう思う、歌ってる僕にしかわからんかもやけど彼はいつも歌に寄り添ってくれる。
カホンの時は申し訳ないなーと思ってるから大きいステージでドラムでグッとなりました。

カッキー。もう最高じゃない?、なんか。振り返れば彼がいると思いながら歌ってるから最強でした。
「顔で弾く!」あんなに歌ってくれるとも思ってなかったけど、母がファンになったと言ってました。
「私ガッキー好きやわー」って言うてたけど、、、「それは違う」って思ってたけど。。。
でもカッキーがいいっていう声一番聞いたなー。さらにカレーも美味しいから、もうすごい。

サーカスフォーカス市くん、もうとても長いお付き合い。セクシーボイス炸裂してたなー。お客さんの次にあのホールで聞きたかった声。
そして奏でる音が美しい、僕の歌にはもったいないくらいの美しい旋律。色んなものを経て、僕と市くんはまた同じステージで一緒に歌いました。袖に下がった時の「またやりましょ」最高でした。

ケンヤ。バンマスにして、全てが見える男。けどいつも座ってる、いつか彼を立ち上がらせることが僕の目標。頑固なところがあって職人肌、きっとそういうところが彼とウマが合うところなんだろうって改めて思いました。ただ誤解を恐れず且つ愛を持って言わせてもらいますが、ケンヤはすごくアホなところがあります笑。これからもいろんな曲が作りたい。

アコースティックセットもホール仕様。これみんなで演奏してる感じが一番ありました。
ちょっと距離あったからね。すごく温かい感じがして明かりを灯してるようなそんな気持ちでした。

僕。こんな顔するんや、きっと昔はこんな風にはステージ立ててなかったやろなぁ。
みんなのおかげです、ありがとう。

この日のモータース、ギターも置いて歌ってみました。みんなの近くまでいけるというだけで楽しかった。
飛んだり跳ねたり、走ったり歩いたり、一人だとあんまできないもんねー。
できるんだろうけど。。。
キラっとしたみんなの顔もうれしかったです!
本当にありがとうございました。

ラララの歌詞「君の日々に響く歌を」
自分のシンガソングライターとしての決意表明。
また次の作品つくれるように楽しないで楽しく見えるように歌います!
あんまり長くなるとあれだからこの辺で。
あの場所での歌とお話したことが全てです!
バタバタしてみんなに挨拶できなくてゴメンなさい。
また直接感想とかもらえると嬉しいです。
6月もライブあるから、会えるの楽しみにしてます!
メンバー、スタッフ、来てくれたみんな、おかげさまでいい時間になりました。
ありがとうございました!

「2017年5月28日朝日ホールセットリスト」

1 メロディー
2 点と点
3 踊るランドリー
-mc-
4 プリン
5 空想クラッシュ
6 ユニバース
-mc-
7 thank you for the musicfan
8 帰り道
9 get back home
-mc-
10 栄町通四丁目
11 幸せになっていく
12 アコガレ
13 この街の夕暮れと僕の散歩道
14 ラララ

-en-
15 feel

Comments (1)

  • シュウより 

    今村モータースさん 初めてのホールワンマンライブ おつかれさまです。
    ぼくは、1番前の席で聴かせていただき、すごく感動しました。
    まだあの時に感じた感動が忘れられません。写真を見ながら目を閉じると、あの時の映像や
    ファンと一緒に盛り上がった気持ちが、よみがえってきます。
    そして、あの場にいたすべての人の笑顔が素敵でした。
    まさに、点と点 で繋がってたと思います。長くなりましたが、本当に、最高でした。
    ありがとうございます。

朝をうたう

No Comment2017.01.14 update

「LaLaLa」

この声が君に届くなら
いつだって僕は今日の日を
迷いもせずにただ真っ直ぐに
歩いていくたまに転んでも

始発電車に乗って
朝を届ける旅をするとか言って
眠い目擦って今日を始める

いつもの駅 いつもの時間
乗り込んでくる あの人は
一体どんな 日々を過ごすだろう
「おはよう」くらい
言えたらいいな いつか

この声が君に届いたら
ラララって君は今日の日を
迷いもせずにただ真っ直ぐに
歩いていくたまに休んでも

LaLaLa…

「お元気ですか?」そんな感じで

この声が君に届くまで
いつだって僕はこの道を
迷いもせずただ真っ直ぐに
歩いていく手の鳴る方へ

Comments (0)

新年のご挨拶

No Comment2017.01.03 update

明けましておめでとうございます。
皆様にはお世話になりっぱなしですが
今年もよろしくお願いします。

img_1923

こんな感じでとぼけつつもみんなに楽しんでもらえるように頑張ります。
お正月は久しぶりに実家に帰りましておせちを食べてワイワイして
ノリで京都へ行こう!となって家族4人で京都へ。

img_1928

初めての平等院鳳凰堂!
後ろの方はカレー屋さんを営まれてるそう。

img_1930

天気も良くて5月28日のホールワンマンに向けて最高のスタートを切れました。
おみくじは末吉でしたが、僕去年は「凶」だったんで。
ランクアップ、最高。
今年の初ライブはフリーライブ

2017/1/9(月祝)
イオンモール神戸北1Fさざんかコート
11:00~18:00
出演:にこいち/アダチケンゴ/ナカノアツシ/今村モータース/2nd-LEG
*観覧無料

さらに翌日は

2017/1/10(火)
@神戸VARIT.
18:30開演 ¥2000(+1d)
w...ヒラオコジョーザグループサウンズ / SUMMY / ハロルド / 今村モータース

と豪華なメンツの2本立てです。

あと10日の朝はKissFM Kobe「4SEASONS」に出演します。
こちらも是非お聞きください!

Comments (0)