神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog

anoneとかあのねとかあの音とか

2021.07.14 update

 

ブログの書き出しって、どんな感じでしたっけ?
まぁいいか。。。
17日に配信開始の
「anone」は個別にもダウンロードできるとはいえ
「あのね」と「ススメのすすめ」と「タワー」と「hare」の4曲入りです。
あまり曲について色々書く事もないのですが
この場は、こういう事のためにも存在してるよなと思い
果敢に挑戦してみようと思います。
あくまでも僕の見解的な事なんで
聴いて感じたことが全てです。
全部正解の世界です。
そして一番大事なことは、配信開始日までに全曲やり切るスタイルではありません。笑

今日は「あのね」について

「よし!レコーディングやー!!!」
と僕が拳を振り上げる時には(あっ、もう「あのね」の説明に入ってます)
いつも核というか芯みたいな曲のカケラがあったりします。
何曲作ろうがそれがなければレコーディングには至らない
夢見gachiの時は「ring」とかこの街〜の時は「踊るランドリー」とか
前作で言うと「青とwhite」とか
別の表題曲というわけでもなく「このカケラがあれば何とかなるんじゃないか?」です。
きっかけにして中心。
「あのね」はそれ。今年に入ってからできたと思うので割りに新しめです。
去年レコーディングできてたらこの曲は入ってなかった
去年準備し始めた時は、別の曲を中心に置いて全体を考えてたと思います。
KAKOMEとか雨上がるだった様な。。。
この曲の側はこんな感じ。

やっと中身、とはいえ中身は歌詞見てもらえたら何となく伝わると思いますが笑
配信やライブではちょっと触れたかとは思いますが
「近くに感じることができた」というのが一番大きいところかな。
なかなか会いに行けない、ライブもできない、できるだけ距離を置かなければならない
という中で僕が一番嬉しく思ったこと。
あの街の空気、あの人の空気。
それを近くに感じた瞬間が
「あのね」って話しかけられた様に感じに、「あの音」が聴こえた様に感じた
そう感じれたから僕はもう少し頑張れそう。

聴き終わった時にちょっとでもそうなったらいいなと思います。

「あのね」

チョコレートみたいな
ベンチに座って
色しか変わらない景色の中に

僕は今も上手に
溶けないまんまで

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのに
なんでだろう
僕はこの街に染まる
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
思い出して涙溢れそうになっている

ちょっとでもきれいな
空が見たくて

遠回り歩道橋の上で
待ってた

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのが
嬉しくて
涙溢れそうになっている
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
なんでだろう
こんなに近くに感じるのは

ねぇ 帰ろう
聴こえる?あの音

君の街と同じ色に
日々染まり暮れるのが
嬉しくて
涙溢れそうになっている
君が住む街の匂い
するはずなんてないのに
なんでだろう
こんなに近くに感じるよ


Comments (1)

コメントをどうぞ。

※応援メールはこちらからお願いします。