神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog

結局は書かなくなるのでしょうか?書けなくなるのでしょうか?

2021.07.11 update

4年ぶりに更新する様なことってなんですかね。。。?
宝くじ当たったとか、大学生になりますとかですかね?
なんですかね????
朝日ホールから一度も書いてないということは
あのライブで僕は燃え尽きたということでしょうか?
灰になったままこの4年、リリースしたり、ツアーをしたり、自粛をしたり
してたということでしょうか?
4年も前のモノを読み返すと
色々書いてるけど
みんなとまだ音楽はできているし
作品も作れているし、あの日スタッフしてくれていた、
ぴぃも素晴らしいバンドに入り音楽を続けている
まるで昨日のことの様、そう4年前なんて昨日と同じ
ということで連日の更新、それは無理な話。
とか何とか考えながら、ぺちぺちキーボードを叩いております。
2021年7月11日の今村です。

今、確実にわかる事といえば、この4年間書き続ける精神力も、4年分の事を書く精神力も、僕は持ち合わせてないという事ですね。
いやそういう事でもないですね。
書く書かないに関わらず、皆様と同じ様にわちゃわちゃした毎日を過ごしております。
7月17日に「anone」という4曲入りの作品を配信リリースすることになりました。
「青とWhite」が2018年12月なんで2年半くらいぶりですか?
このブログの4年に比べれば可愛いもんだなぁと思ってます。
そういう事ではないこともわかっております。
でも作品が可愛い事に変わりはありません。
日本語って面白いよね。

ドーン!今回の目印。
配信のみも、CDにしない事も初めてなんですが
ジャケットはしっかりありまして、でもタイトルもアーティスト名もなく
螺旋階段に螺旋階段を重ねたものです。いつもライブの撮影やアーティスト写真を撮ってくれている
ハヤシマコさん(以下マコさん)、が作ってくれました。
「青とWhite」もマコさんが撮ってくれました。
前回も今回も何か引き込まれるものがあります、まぁ螺旋はもちろんそうなんですが。
登っていくのか、降りていくのか、見上げるのか、見下ろすのか
どこまで続いて、どこに繋がっているのか?
自由に自分で決めるという事には、自分で決めなければならないというある種不自由なものがついてきますよね的に
色々膨らんで好きな一枚です。

次は中身を紹介してみようと思います。
次のライブは7月25日「この街の夕暮れと僕の散歩道」です。
終わった様で続いていた事、自分を表す様なタイトルになりました。
このブログもそんな感じでしょうか?
いやこれは明らかに僕の怠慢。
しかし今この瞬間僕にを物を書くという精神力が備わったかもしれないという可能性は
誰にも否定できないという事も僕は大事にしたい
したいよねー。


Comments (1)

コメントをどうぞ。

※応援メールはこちらからお願いします。