神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog

第2位「ねぇ、この意味分かる?」の巻

2011.02.01 update

朝方に神戸に帰ってきた。

寺山リウジと2人で

さよなら三角(友哉君と呼ぼうキャンペーン中)presents「会う」に行って来た。

何回「ありがとう」って言ったかわかんないけど、改めてありがとう。

また、会えた事や、やっと会えた事や聴いてくれた事や話してくれた事。

全部、ほんと全部。

もちろん「食堂いろめがね」を手に取ってくれた方々には更なるありがとうを。

一枚一枚人の手に渡って行くたびに、一枚一枚の重さを考えてます。

昨日は

名古屋はまだ詳しくないからって早めに出て

出発約10分でリウジの「正直運転苦手です」がでて「ハイ交代」

車内でひたすらi-podをいじりひたすら「コレ誰やと思います」の寺山クイズ(ただの嫌がらせ)があり

ちょっと嫌いになり始めたけど、早くついて

せっかく名古屋に来たんだから名物をたべちゃおうって事で

今回は「矢場とん」を選び

寒いねーなんていいながら行列に並び

子一時間かけて味噌カツを食べ

会場のハックフィンファクトリーについて誰もいないしまだ時間があるからと

「コメダ珈琲」に入り、きっとここはフランチャイズなのだろうなと意味のない考察をいれ

改めて会場に行ったらもうみんな来てた。

挨拶をかわし、リハを終わらせ出番を待った。

みんな人見知りだけど話を二転三転させながら素敵な時間だった。

一番手はまさかの主催さよなら三角だった、彼はそういう男なんだ。

「みんなの事ゆっくり観たいじゃないですかー」って

僕を含めて、みんなはさよなら三角を観に来てるのにね。

友哉君のライブはいつも胸を鷲掴みにされた感じなる

苦しいとかのそれではなくて、ダイレクトに内側を攻めてくる

まぁ僕はただのファンだから単純に彼の歌が好きなんだけど。

そして、いつも彼を通して見る名古屋になぜか胸が躍ります。

続いて寺山さん、珍しく爆笑の渦でしたね。

緊張しながらも神戸じゃ見せないライブだった。

たぶん2月5日の寺山モーターショーでたくさん書くから

今回は割愛。

そして自分のことも割愛。

で最後は山下君(竹内電気)、唯一の初めましてで

失礼があってはいけないなと思って遠慮気味にしようと思ってたけど

やっぱ知りたくなっていろいろ話しかけてた。

ライブの事はあんまり書かないで欲しいって言われたけど

「余興だと思ってください」なんて言ってたけど

僕の目に映るのはやっぱり音楽を生業とする、僕が目標とする

ミュージシャンでした。

関西にも来て欲しい、もっと聴きたかった。

終演後、茜谷先輩や柴山社長や吹原君やのむ~んさんとの時間は

友哉ブログファンの僕にとって本当に夢のような時間でした。

解散する時に柴山社長の「あと30分もすれば大丸開くけど・・・」

の言葉には本当に迷った。

次はいよいよ大丸の門を叩こうかと思ってます。

反対する人もいるんだろうけど・・・・

名古屋に後ろ髪をひかれつつの帰り道、運転を交代して10分。車がユラユラ揺れだし

「今村さんマジやばいです」の寺山の言葉に2マン中止かなと思ったけど

助手席で首をガクガクさせつつも「僕、起きてますよアピール」をするリウジみて

なぜか神戸もいいよなと思いました。

いよいよ2月5日(土)太陽と虎にて「寺山モーターショー」

ちょっと時間は早いけど土曜だし皆様のご来場お待ちしてます。

あと誰か出演者みんなで撮った、集合写真ください。


Comments (2)

コメントをどうぞ。

※応援メールはこちらからお願いします。