神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog

初めての京都の巻

2011.05.22 update

5月20日京都VOXhall
初めまして京都でした、とはいえ
バンドで行った事あるし
京都大好きだから何度も行ってるし
全然初めての京都じゃない。
でも今村モータースでは初京都。
念願でした、理由は書かないけど。
道も分かってるし、余裕だ。
阪急に乗り、十三で乗り換えVOXhallへ
迷うわけ無い、端っこの席空いてるし座ろう。
電車も動き出し、一駅二駅。
メガネのマダムがこちらをジロジロ
「やだな~、なんかやだな~」気分は稲川。
でも気にせずの三駅目。
まだ観てるマダム。
「どっかであった事あんのかな~、やだな~。」
と視線をはずした先に飛び込む言葉
「ここは女性専用車両です。(終日)」
噴出す汗、もう一度確認。
「今村アウト~」
「えー、うそや~ん!ホームなんも書いてなかったや~ん」
焦りを抑えつつ、マダムの視線を背中に受け
「ごめんなさい」を心で唱えつつ
明らかに可笑しな感じで車両移動。
間違えとは自分で気付かねば中々指摘していただけないものなのですね。
もう俯きながら歩くのはやめようと思います。
額の汗を拭きつつ京都着。

VOXhallに入るなり店長有堀さんが丁寧な挨拶で迎えてくれた。
今日、呼んでくれたバーガーさんは残念ながらのツアー中。
ホールは行ってびっくり、客席が階段状なのね。
テンションあがるも伝える人居らず・・・
リハ終わりに、はじめとせきしんに会う。
なんとも涼しげな感じ。
人と繋がる瞬間ってのはなんとも印象的。
はじめとせきしんのお二人とはTEAM1978の永吉君が繋いでくれた。
このタイミングってのも不思議な感じがした。
挨拶も早々に散策にでた。
先斗町を抜け、四条から鴨川沿いをあがる。
たったそれだけで、なんか旅行にでも来たような気になった。
初めてじゃないのにね。
途中見た「鴨川をどり」ってのはなんなんだろう?
誰かに聞こうと思って聞くの忘れてた。
ほんと魅力的な街だ。

だれも自分の事知らないトコロで唄うって事は
でっかい声で自分の名前叫んでんの同じだから
出来るだけゆっくり、遠くまで届くようにって
思うんだけど、まだまだ力不足で上手くいかなかったなぁ。
あっ、上手くやろうなんて思ってなかったけど
どこ行ってもしっかり名前くらい言えないと・・・
せきしん君くらいは無理でも大きくて優しい声が出るように頑張んないとダメだ。
でもほんと大きいよねせきしん君の声、びっくりした。
それでいてうるさくないっていう、いい歌い手さんはまだまだいるなぁー。
出会えてよかった。
いい夜になった、忘れないように忘れられないようにしないと。
唄聴いてくれてありがとう、音源買ってくれたあなたも
話しかけてくれたあなたも、ありがとう。
また来月16日に行きます。
久しぶりにトミタ君に会えるのも楽しみだ。
京都宜しくお願いします。
淡々と書いたけど、帰りの電車までほんと楽しかった。
ありがとう。


Comments (0)

コメントをどうぞ。

※応援メールはこちらからお願いします。