神戸の弾き語りスト 今村モータースオフィシャルサイト

神戸のシンガーソングライター、今村モータースオフィシャルサイト

Blog

めがねの目の巻

2013.06.28 update

ツアーファイナルのワンマンの詳細を一人考えてて
もう胃が痛い、でも何かを決めるって楽しい。
その前に来月、7月21日のスキッピーも独り舞台ですので
よろしくお願いします。
そういえば発売から約一週間が経ち
聴いてますの声、ほんとに嬉しく思います
自分が行った事のない土地の方からも
声をいただいております事、もう両手を上げて
わーわーしております。
が、まだまだ販売促進な今日は曲紹介の10曲目
「キミと僕」
きっかけは仕事場の送別会
「なんか作って唄ってよ」って感じで
軽い感じで「いいっすよ」って言ったけど
結構気合入れた事を記憶してます
旅立ちや別れがテーマで、「春うらら」が旅立つ側の唄だとしたら
「キミと僕」は見送る側の唄です
単純に背中を押したい、ただただ背中を押したい
ソフトに、想いを詰めた
自分も何度か分かれ道というか
節目みたいなものを経験してるけど
別れ際の背中合わせになるその瞬間
こんな風に思ってくれてたんじゃないかなって
もしそう思ってくれてたんだとしたら、
おれはもっともっとやんなきゃいけないんじゃないかって
人様に「がんばれ」なんておこがましいというか
ちょっと失礼な気もしたんだけど
それでも自分が知ってる言葉で一番ストレートな言葉が
「がんばれ」だったんで使いました
ちょっと自分にも向けて書いてるとこもあるから使えたのかも
結構「がんばれ俺」って言い聞かせてるから(笑)
もう二度と使わないような気がしてます。
この曲もモータース(神戸)、浩司(大阪)、カオリ(京都)の三都物語編成です
カオリちゃんのドラムがなんとも言えない
あの名残惜しい別れ際みたいな感じで
お兄ちゃんのベースは見送りに来たけど
影からこっそり見てる感じで気に入ってます(笑)
全10曲これをセルフライナーノーツとは言わないと思いますけど
伝わんなくても説明はできないとなと思ったんです
コレで終わらない次はジャケット等の「アートワーク編」です。

6月30日タワーレコード神戸店インストア
ミント神戸2Fデッキ特設ステージ
14時45分~です。


Comments (0)

コメントをどうぞ。

※応援メールはこちらからお願いします。